専業主婦が銀行からお金を借りる方法

職に就いておらず収入がない人は、返済能力ありと認められず、お金を借りることができないのが基本です。 どの金融機関や貸金業者でも、無職の人は借りられません。 ただし、無職の中でも特別な存在なのが専業主婦です。 もっとも、貸金業者の場合、貸金業法の改正により総量規制が導入されました。 これによれば、年収の3分の1を超える借り入れはできないとされ、収入がゼロの専業主婦は全く借り入れができなくなります。 ただし、配偶者の同意があれば認められるという例外規定がありますが、この例外を適用する貸金業者はほとんどありません。 一方で、収入がゼロの専業主婦にもかかわらず、銀行からお金を借りることができるのです。 なぜなら、そもそも銀行には総量規制の適用がないためです。 ただし、お金借りやすい業者のなかでも、銀行によって条件があり、その1つであるお金を借りる方法としては、配偶者の同意を得ることが挙げられます。 一般的には書類への配偶者の署名と捺印が求められます。 さらに、配偶者の年収や勤務先を知らせることが追加の条件となることもあります。 中には、配偶者の勤務先へ、電話による在籍確認が行われるケースもあります。 こうした条件のうえで、利用限度額の上限を最大10万円や30万円など少額に設定するところもあるのです。 一方、こうした配偶者の同意を必要とせず、専業主婦が単独で申し込めるところもあります。 収入証明書類なども不要ですが、やはり、利用限度額は最大でも50万円程度と少額に制限されます。

アプリでもインターネットでも便利iPadでお金を借りる方法

今回はiPadで間単にお金を借りる方法を紹介いたします。 iPadでお金を借りるには何といってもアプリが便利で簡単です。 有名どころの金融会社はAppStoreでアプリを提供しています。 通常の他のアプリと同様で、AppStoreからアプリをダウンロードしてインストールします。 GPS機能を用いて現在地からもっとも近い店舗を案内してくれる案内専用のアプリや店舗に行かなくてもアプリから借り入れができるものもあります。 通常カードローンでは書類を郵送して面倒な手続きがありますが、アプリから直接借り入れが可能なアプリは収入証明書類と本人確認の書類をカメラで撮影しアプリから送付するだけです。 郵送する手間も省けますし、現代人が苦手な手書きの必要がありません。 郵送する時間も省けますので手続きの時間短縮にもなります。 アプリによっては目覚まし機能がついているものもあります。 お金を借りる際に気になる借入額と返済期間に応じてどれほどの利息がつくのか計算しているものもあります。 大きな画面を利用して通常のPCのように借り入れの店舗を検索することも可能です。 アプリを使わなくてもGPS機能を利用することによって現在地付近のご利用店舗を検索することも可能です。 アプリに限定してしまうと中にはアプリを開発提供していない会社もあるのでより多くの選択肢から選びたいのであればインターネットを利用して検索すると良いでしょう。 このようにiPadはiPhoneのようにアプリを利用した借り入れや、パソコンのようにインターネットから申し込みの両方良いところどりか可能です。 非常に便利と言えるでしょう。

クレジットカードがあればお金のピンチを乗り切れます

社会人になったらクレジットカードを持っておくと、何かと役に立つことが多いです。 このカードは、ショッピング枠というシステムがあり、サイン一つでお会計を済ませることができるからです。 現金を持たずに支払いが出来るので、一枚持っていると非常に便利です。 一括払い、分割払い、リボ払いといくつかの支払い方法が選べるので、自分の支払い能力に応じて利用できるという利点もあります。 また、キャッシング機能がついているクレジットカードでしたら、ATMから現金を引き出すことも可能になります。 銀行や郵便局やコンビニエンスストアなどの提携しているATMを利用することもできるので、いつでも気軽にお金が引き出せるというメリットもあります。 もしも、お金に困ってしまった時には、このキャッシング機能を利用すればお金のピンチを乗り切ることができるでしょう。 キャッシング枠でお金が借りられる額については、契約するカード会社によって異なります。 なお、キャッシング枠で借り入れしたお金は、利息手数料も発生します。 ですから、お金を引き出す前に、利息手数料も含めた返済額をよく確認しておくことが大切です。 最近では、クレジットカードを現金化してくれる業者も増えてきています。 現金化業者に申し込みをすれば、ショッピング枠をつかってお金を借りることが可能になるのです。 即日対応してくれる現金化業者もたくさんあります。 なるべく急ぎでお金を借りたいという方は、そのような業者に相談してみるとよいでしょう。

若い世代の強い味方、ポイント還元率が高いリクルートカード

2013年の5月に誕生したリクルートカードというクレジットカードがあります。 このクレジットカードの特徴として一番に挙げられるのは、高還元率のポイントということでしょう。 多くのクレジットカードでも、利用の度にポイントがつきますが、どんなに多くても1%ほどです。 しかしこちらは年会費無料のスタンダードなカードでも、1.2%のポイントがつくということで大変注目されています。 端数は切り捨てになってしまうので、100円の買い物をしても1ポイントの付加になりますが、500円以上の買い物をするとその還元率の高さを実感できます。 また年会費2000円を払うと、そのポイント還元率はさらに上がり2.0%となるのです。 こちらは月々カードで支払う額が、22,500円以上の方だとお得になります。 年会費無料のカードはVISAとJCBの2種類から選べるようになっています。 年会費2000円を払うリクルートカードプラスは、JCBのみとなっているのです。 どちらのカードにも海外旅行損害保険がついています。 電子マネーのチャージでもポイントが加算されます。 しかしJCBとVISAではポイントがつく電子マネーが異なるので注意が必要です。 どちらにも共通しているのはモバイルSuicaのみとなっています。 ポイントが貯めやすいのが特徴のカードですが、その使い道も豊富にあります。 旅行の予約に使えたり、チケットの購入や下着の通販などにポイントを使うことが出来るのです。